HOME


永田農園について

永田農園は、静岡県島田市金谷で三代続くお茶農家です
「全国茶品評会深蒸し煎茶の部」で親子二代で日本一に輝き、最高賞となる農林水産大臣賞を受賞させていただきました。


ここは茶処、牧之原
牧之原台地は大井川の西に位置し、春になると一面にお茶が芽吹き新緑でいっぱいになります。
わが永田農園は、台地の『金谷』という所にあり、茶園の管理から製品に至るまで一貫して執り行っております。
これもひとえに皆様方においしいお茶をお届けしたいとの想いからです。
おかげさまで、平成9年には金谷町献上茶事業に於いて献上茶園に指定され、皇室へ献上させていただきました。

日本一のお茶畑の水まき

永田農園お茶倉庫

日本一のお茶永田農園の新茶


そして平成16年度、平成26年度と全国茶品評会で最高賞の農林水産大臣賞を受賞することができました。

これからも多くの人においしく、そして安心、安全なお茶をお届けできるよう精進してゆきますのでよろしくお願い申し上げます。

受賞歴


代表紹介

トップイメージ

トップイメージ


永田英樹
1973年、旧金谷町にて永田家待望の長男として生まれる。
イタズラ坊主な小中学生、一転クールな高校生時代を送り、繊細な大学時代を愛知県東海市で過ごす。
大学卒業後は地元に戻り、地元企業に就職。営業職、製造現場を経験し、家業の農業を継ぐため退社。
現在就農15年目、農業に全身全霊を捧げる。
家庭では子煩悩な2人の娘の良き“とぉと”である。



メーリングリスト会員募集

問合せバナー